櫻乃園だより

sakurasono.exblog.jp

「櫻乃園」の作品や暮らしなどをお届けします。

ブログトップ
今日は、簡単に。
「山帰来」を描きました。
サルトリイバラ、ともいいますが私は和名のほうが好きかな。
地方でも言い方がいろいろかもしれませんね。

結構棘があるんです。鋭い。
うちの庭に鳥が運んできてくれてかなり大量に生えています。
生花に少し使ったり重宝しています。
c0100555_00344075.jpg
c0100555_00345648.jpg
c0100555_00351647.jpg

[PR]
# by sakura_sono | 2017-11-19 00:35 | hotnews | Comments(0)

個展の準備♪

ここ数日は、個展の準備をまったり楽しみながらやっています。
画像は最終目標ではないのですが、思考を深めるためにしているパステル画です。
透明水彩で着彩することも有ります。

ゆっくりご覧になってください。

蔓性の植物を10点用意するつもりです。

何の植物か解るかな?

c0100555_01390463.jpg

c0100555_01392665.jpg

c0100555_01394671.jpg

c0100555_01401237.jpg

c0100555_01403265.jpg

c0100555_01405668.jpg

[PR]
# by sakura_sono | 2017-11-18 01:41 | hotnews | Comments(0)
”緑の人”来訪。

少しの期間だけれど私のアシスタントをしてくれる人と会いました。

お話はやはりテキスタイルのことや展覧会のこと、作家のこと、将来の夢など若い人とお話するのは自分も若返ります。

昨夜より、色々準備してきたけれどまずまずどれも美味しく出来ました。

メニュー:飲み物:ウォッカベース、キウイとライムのソーダ
     アミューズ:オリーブ、生ハムメロン、海老の素揚げ(ダンスク)
     スープ:レバークヌーデルズッパ(パラゴン)
     魚料理:マグロの炙り、ポテト、人参、しいたけグラッセ(ノリタケ白)
     メイン:ベーコンとズッキーニ、ブロッコリーのグリーンソースニョッキ(パラゴン)
     デザート:りんご入りのレアチーズケーキ、いちじくのゼリー
     飲み物:紅茶

一番手がかかったのはニョッキのソース作りと、付け合せの野菜のグラッセですね。
脇役の方に時間がかかります。

楽しい午後の時間でした。
c0100555_00215041.jpg

c0100555_00221195.jpg

c0100555_00224396.jpg

c0100555_00231194.jpg

c0100555_00233733.jpg

c0100555_00240325.jpg

c0100555_00244227.jpg

c0100555_00253513.jpg

c0100555_00262254.jpg


[PR]
# by sakura_sono | 2017-11-15 00:26 | hotnews | Comments(0)
来年、私の個展があるのですが、
今日は、ある大学生の若い方がアシスタントをしてくれる(かも!?)しれないということで、少し打ち合わせすることになりました。
それで数日前から1人盛り上がっています。
今日はお料理と掃除に専念したいので、昨日夕方お花を生けておきました。

庭からと、近所のお庭からも頂いて。
きんかんが実りますね。まだ緑なのが可愛いです。

まゆみ(真弓)は大好きで、巨木になるので困るなと思っていたのですが、
剪定さえすれば背丈くらいで止めておくこともできるようです。

今日来られるその方は以前、留学先からのお土産にグリーンのテーブルクロスのプレゼントを頂いたので、今日はその御礼も兼ねてご招待しました。
なので「グリーン」がテーマです。

で、お花もグリーンらしく。
実は、鬱蒼と生けすぎたので、昨夜遅く生け直しました。今はまた違います。
紅葉のはみんなのけました。

また器やお料理など、後ほどご報告します。
画像の一つは昨日のうちに作っておいた、今年最後のイチヂクのゼリーです。


c0100555_08022184.jpg
c0100555_08034643.jpg



[PR]
# by sakura_sono | 2017-11-14 08:04 | 小さな庭から | Comments(0)
家族のことで恐縮ですが、
山口市中心商店街・道場門前に息子がブランド古着のお店、「STELLA」を出店しました。
今日がオープン初日です。

私は若い人の好むブランド名が解らないのですが、
高校生から20代、30代ぐらいの人に合うようなブランドで品揃えをしています。

場所は、商店街の中の時計宝飾品の「明治堂」の隣、アクセサリーの「イビシ」の前です。
古着ですが、全てクリーニング済でとてもきれいなものが並んでいます。
「国内最安値」を掲げていますので、是非お立ち寄りください。

ちなみに、私は夫と様子を見に行って、夫にグレーのニットのベスト(前開き・ボタン)をプレゼントしてあげました。これがちなみに2,780円でした。
価格の高いものでもコートなど5000円までで買えるものを揃えています。

是非、商店街へ行かれたら寄ってみてください。

今日はオープン初日でお花が沢山届いていました。とっても嬉しいです。


c0100555_19504162.jpg

c0100555_19515321.jpg

c0100555_19523072.jpg


[PR]
# by sakura_sono | 2017-11-11 19:53 | hotnews | Comments(0)
ケーキを焼く回数は大体月に1回。
お誕生日は家族の数だけケーキを焼きます。
講習会はクリスマスの時は焼きリンゴやケーキなど差し入れています。
また、自宅での講習会も手作りのお菓子を用意するので、
お菓子を作る回数は年間20回位ですかね?月1,2回となります。

この前のパ-ティの時は徳佐リンゴ、秋映を使いました。
もったいなくてずっとおいていたシナモンスティックも、こういうときこそ使わなきゃ、と差し込みました。

リンゴの穴を開ける器具は以前ペティナイフを使っていた頃より遥かに時短になったので、買ったほうが絶対いいです。

芯のくり抜きのあと、先にシナモンスティックを入れます。
そして、バター、てんさい糖、前日からラム酒に漬けておいたレーズンを5個位押し込みます。
本当に「押し込む」という感じです。穴の上に乗せていくだけだとこぼれていきます。

オーブンに入れて、180度60分程度ですね。
時々焦げていないか見ます。

こういうお菓子は家庭ならではで、カフェなどのメニューにはないですものね。

どなたも美味しい!と言ってくれるのがたまりません。

c0100555_16565982.jpg

c0100555_16574647.jpg

c0100555_16582226.jpg

[PR]
# by sakura_sono | 2017-11-09 16:58 | ちょっと美味しいもの | Comments(0)
ドイツ人の友だちが差し入れてくれたケーキの紹介です。

直径が30cmほど有ります。まずその大きさにみんながびっくりです。
台はパイ生地仕立てになっていて、もちろん彼女が生地を作りました。
かなり厚めに焼いてあります。
パイ生地のケーキは、先に台だけを焼くんですね。(パイ生地のこと)
焼けた台の上にリンゴのスライスをきれいに並べて2回目のオーブン入れです。

彼女は、この大きなケーキを運んでくるのに、お寿司の飯台の蓋に乗せて持ってきたんです!

ドイツのケーキ屋さんは日本みたいに、1つずつセロファンにくるまれて、、、ということはなく、大きな丸いケーキをざっくりピザのように切って多分5人前くらいの大きさ、それをボール紙のお皿に乗せて、上にはハトロン紙のような紙を1枚かけてから紙袋に入れて渡されます。
日本のように保冷剤を入れてくれたり、箱に入れたりはありません。
私の町のあるケーキ屋さんは「お帰りまで何分ですか?」と聞いて保冷剤を入れてくれます。そして!「ドアまでお持ちします。」と運んでくれて、ドアの手前で手渡されるのです。
日本のサービスって凄いですね。
その分、人件費がケーキの値段に上乗せされているということをお忘れなく。

ドイツではそのように大きく切られた三角のケーキを1人分ずつ切り分けて頂きます。
見習うべきかなぁ????
大変おおらかでダイナミックです。

c0100555_01104777.jpg
c0100555_01104777.jpg
c0100555_01115287.jpg

[PR]
# by sakura_sono | 2017-11-08 01:12 | ちょっと美味しいもの | Comments(0)
今日は、パンの話。

焼きたてのパンは本当に美味しいですね。
ドイツではブレッツェルはビールと相性が良くて、みんなが大好きです。
日本は「お菓子パン」がおおいですが(具材が入っていたり甘かったり)、ドイツはとてもシンプルで、粉の変化に力が入っています。
全粒粉、ライ麦、雑穀入り、発酵ライ麦を入れたり、基本のパン自体の味にこるんですね。粉にこだわるわけです。

ブレッツェルは少し水分をおさえたパンです。歯ざわりは噛みごたえが有り表面には岩塩を振ります。なので、塩味が効いています。
私は生地を計りで計ったりせず適当に切り分けて作りましたので、少し出来上がりの大きさにばらつきが有りました。
この日のお客様は12,3人。1回焼いても1人1個しか無く大忙しでした。
ほかには、ただ楕円のように丸めてキヌア、雑穀を載せたのを焼きました。これらはライ麦入りでね。

パン作りはわたしは「おおち法」です。およそ30年位前に図書館で大地先生の本に出会って、パンはこれだ!と思い、それからずっと「おおち法」で作ります。
ご興味のある方は検索してみてね。図書館にもあるかもしれません。

c0100555_09314417.jpg

[PR]
# by sakura_sono | 2017-11-06 09:32 | ちょっと美味しいもの | Comments(0)
今日はドイツでポピュラーなお料理「シュニッツェル」を紹介します。
日本で食べる「トンカツ」と大変良く似ています。
違うのはあちらのはとにかく大きい手首から手のサイズのまだ一回り大きいくらい有りました。
山口のお肉屋さんを探してもそんなに大きい切り身は売っていません。
それで友達のドイツ人に聴くと、肉叩きで叩いて伸ばしてると言いました。
厚さが、「生姜焼き用」より厚く「トンカツ」よりも薄い感じです。
とんかつ用を買って肉叩きで両面叩くと1,5倍位の大きさになります。
そして柔らかくなりますね。
次にパン粉は、ミキサーにかけて細かくします。
わたしは冷蔵庫の野菜室にシュニッツェル用のパン粉を保管しています。
掛けるソースはコンソメにドミグラスソースを煮溶かして玉ねぎとマッシュルームを入れて煮て置きます。
付け合せは、サラダやフライドポテトが多いですね。

画像は夕飯に作ったシュニッツェル、そして昨日紹介したザウアークラウトです。
2KGで作ったキャベツも、もうこれだけになってしまいました。

c0100555_06122352.jpg
c0100555_06124110.jpg

[PR]
# by sakura_sono | 2017-11-04 06:12 | ちょっと美味しいもの | Comments(0)
というわけで、なぜ「ドイツ年」かといいますと、
お孫ちゃんができたんですが、娘の旦那さんはドイツ人なんです。
そして娘はフランクフルトの大学を出た後ベルリンに移住、そして結婚出産。
ベビーはハーフになります。
私の夫も大学の学部卒業後ケルン大学へ留学。
私たち夫婦の遅い新婚旅行もドイツで、今夏は私一人で1ヶ月ベルリンへ行っていました。
というわけで、今年はドイツにちなみ、ドイツ料理で統一ということになったのです。

ではもう一品、ザウアークラウトの作り方、レシピのご紹介。

キャベツ千切り2kg
塩・2%=40g
重しはキャベツの倍=4kg

このまま1週間から10日で乳酸発酵が進み酸味が出てきます。
この量で、付け合せとして15人分程度です。冷蔵庫保存できますし、酸味が利いてよければつけっぱなしでも大丈夫です。

これをベースに(軽く水気を絞る)、キャラウェイシード、白ワインをふりかけます。ドイツにはこれにヒノキのスパイスを使いますが日本では手にはいらないので「ジン」(檜の香りをつけています)を少々入れます。
地域によっては「ヒノキの精油」を売っているところもあります。それもいいでしょう。
2日も置くと大変香りが馴染んで、お!ちょっとその辺の瓶詰めのとは違うぞ、ってなります。

発酵食品や、ドイツ料理に挑戦したい方はどうぞ作ってみてください。

c0100555_01020865.jpg
c0100555_01022589.jpg
c0100555_01024182.jpg

[PR]
# by sakura_sono | 2017-11-03 01:02 | hotnews | Comments(0)
夫の誕生日の準備、当日、後片付け、とバタバタしておりました。

幾つかのお料理を紹介したいのですが、当日はお客さまのおもてなしに忙しく、実は余り写真は撮っていません。

今日はまずメインのケーキ。

オーブンをハードに利用したので、今年は焼くケーキではなく冷やし固めるケーキにしました。
「レアチーズケーキ」です。
型に流し込んで、型から外す、というのではなく、ル・クルーゼの白いオーブンウェアが可愛く、また結構大きさが有りますので、これに作りました。
ベリーのソースを別鍋で煮ておいて、出来上がったのに回しかけました。
そして金箔で飾り。
ちょっと見た目豪華な感じになりますね。

この大きさで12,3切れとれます。

砂糖はキビを使いましてほんのり甘い。白ワインも入れていますのでちょっぴり大人な味です。

これは、クリスマスにもいいかもしれません。
どこか差し入れする時に、華やかな一品になるといいですね。

c0100555_13264784.jpg
c0100555_13271876.jpg


[PR]
# by sakura_sono | 2017-11-02 13:27 | ちょっと美味しいもの | Comments(0)

小さなコンサート終了♪

昨日は心配された台風は南下し、山口市は曇りのち晴れ。
虹もかかりました。

当日コンサート会場「赤レンガ」へ行ってプログラムを聞けば、
演奏者は5名!!
責任の重さをひしひしと感じ、しかも、順番は決まってないと。
「最初に弾かれますか?」に怖気づき後の方で結構です、と。。

箏曲楽譜の簡単な説明や調弦について、音の出し方(奏法)など3分ほどお話させていただいて、演奏に。

はい。なんとか無事にお役目を勤めさせていただきました。

きっと誰でも思うことでしょうが、次回に向けてもっとレッスンするぞ!と
気持ち新たにいたしました。

画像は筆者(奏者)遠景です。

c0100555_10513613.jpg

[PR]
# by sakura_sono | 2017-10-30 10:51 | hotnews | Comments(0)

秋の庭から♪

 今夜は遠くからのお客様。1晩お泊り。

 食事の段取り、お部屋の掃除、色々有るけどまずはテーブル花を生けて、徐々に気分アップしていく。
 秋のお庭から。色々咲いてくれていて気持ちが和む。
 今日来る人は、買ってくるお花よりも、野に咲く花や庭の花の好きな方♡
c0100555_13030673.jpg


[PR]
# by sakura_sono | 2017-10-28 13:03 | 小さな庭から | Comments(0)
色々趣味を、みなさんもお持ちでしょうね。

私も多くの変遷が有りました。
音楽に関しては、5歳よりピアノを始め5年くらい前まで先生についていました。
高校からは琴を始めついで三味線。生田流宮城派です。
長く先生が見つからずたまに弾く程度でしたが、この春より素晴らしい先生とお出会いが有って澤井忠夫先生の曲のレッスンをお願いしています。

話が遠回りなんですけれど、親しくしているピアノの先生が発表会をなさるので、私にも1曲と誘ってくださって、では今回は箏曲でと軽く引き受けてしまいました。

でも、日々この忙しさでしょ。
弦も締め直しに出し、立奏台を注文し、やっと今日平調子に調弦しました。
これで、やっと練習が始められます。

驚くなかれ!発表会はこの日曜日!
どうなるんでしょうね?
どうか、3日の間に仕上がりますように!


神様が笑顔でこちらを向いてくださいますように!
c0100555_23030253.jpg



[PR]
# by sakura_sono | 2017-10-25 23:04 | hotnews | Comments(0)
今日は忙しい日でした。

午前は日本刺繍のスタッフ勉強会。
今日は刺繍よりも香道の地敷の縫い方についてレクチャーしました。
針の太さや、縫い代の始末の仕方、玉止めは何処に隠すか、など。
そして型紙を取りました。また飾り縫いの自作メジャーも作り方をレクチャー。
みんな真剣です。間違えば縫直しですからね。

レクチャーの後は和やかにティータイム。
次回は来月で、実際に縫ってみます。

午後は、来年の展覧会のDMについてデザイナーさんと打ち合わせ。
軽く4時間程かかりました。
相談しながら2台のパソコンでメールを送り、受け取れば反映させる。の繰り返しです。
更に今回は大阪の友人との展覧会なので、途中大急ぎで文章のチェックをしてもらったり、許可をもらったり。
大忙しでした。

夕方になって、誰もいなくなってホット一息、一人でティータイム。

庭に出れば、菊がたくさん咲いていました。昨年園芸種を6種ほど植えたんです。
でもでも、かつて住んでいた家の近くの野原で救ってあげた(宅地造成されるので)ノコンギクがきれいに満開を迎えていました。
実に美しいです。
野生には珍しく濃い紫です。

1人になるのも、ほうじ茶も、こういう忙しかった日にはほっこりした心地になります。
このほうじ茶はなかなか美味しいです。千茶荘というお店からのお取り寄せです。
娘もこれが好きで、年に2度ほど送ってあげています。


c0100555_01121776.jpg

[PR]
# by sakura_sono | 2017-10-25 01:13 | 縫い物 | Comments(0)